2014/10/15 更新

婚約指輪の基礎知識

婚約指輪とは
婚約指輪とは、エンゲージリングともいいます。一般的に婚約指輪は男女が結婚を決めた時に「二人の気持ちの象徴」として男性から女性に贈られる指輪の事で、日本では左手の薬指に付けることが多いです。最近では指輪があまり好きではないという方や、仕事上指輪をはめられない方の場合はペンダントやピアスを贈る事もあるそうです。基本的に婚約指輪は誕生石などの「石」を入れた物が一般的ですが、日本では「ダイヤモンド」を入れた指輪が多いそうです。

なぜ「ダイヤモンド」なのか?

結婚式

何故こうもダイヤモンドは人気なのでしょうか?それはダイヤモンドは無色透明なところが「ピュア(清純無垢)」を意味し、世界一固い鉱物と言うところから「変わらぬ気持ち=永遠の愛」の象徴とされているからです。また、全ての鉱物の中で最も光をよく反射するダイヤモンドだけが持っている素晴らしい輝きが魅力的ということも挙げられます。ですが、「ダイヤモンドは高価」や「婚約指輪は普段使わないから我慢する」という風に思っている方は結構いると思います。

約指輪のご予算は「お給料の3ヶ月分」と昔から言われてますが、 それは間違いでそんなことは全然ありませんので、男性に無理のない程度で、それでいて女性が気を遣わないくらいで充分なんだと思いますよ☆一番大切なのは「お互いの気持ち」なのですから。 結婚は新生活の始まりですし、最初から無理をしたら楽しくありません。 しかし、無理のない程度で、気を遣わないくらいっていう曖昧さが一番厄介ですね。

婚約指輪は必要なもの?
婚約指輪は必ず必要といったものではありませんが、その人一生ものになりますし、女性にはプロポーズされたら当然婚約指輪も、と潜在的に思っている方は案外多いものなのです。もらわなくて、後で後悔しても遅いのです。人生の大事な記念なのですから、きちんと気持ちがこもったものを贈ってもらいましょう。こういった記念日に貰ったものは一生の思い出になるのです。
結婚指輪との違いは何?
婚約指輪は婚約の証として男性から女性に贈るもので、結婚指輪は男女2人がつけ、基本的には結婚後、日常的に身に付けます。そのため婚約指輪はダイヤモンドなどの装飾があり華やかなもの、結婚指輪はシンプルでどんな場面にも合わせやすいものが多いそうです。

普段使う指輪とは何が違うの?普段つけている指輪は、その時の自分に似合うものを基準にして選ぶため、デザイン性重視になるのですが、婚約指輪は一生ものです。飽きの来ない、ベーシックなデザインを選ぶ人が多いそうです。2人の記念なので、自然と質にもこだわりが出ると思います。
由来を知りたい!
古代ギリシャ・ローマ時代が起源というのが有力説です。継ぎ目のない「輪」が、永遠の愛を象徴しているといわれています。戦後日本でも広まり、婚約指輪の習慣は普及しました。婚約指輪は婚約の証、または結納品の1つとして、結婚指輪は2人の永遠の愛を誓った証とされているのです。
無関心なカレ。対策は?
男性の中には婚約指輪を重要だと考えていない人も多いのは確かです。婚約指輪が欲しいとストレートに言うも良いでしょうし、言いにくいという人は友人に諭してもらうよう頼んだり、さりげなくジュエリーショップに連れて行ったりしてみてはいかがでしょうか?結婚指輪とセットのものもたくさんあるので、それをお願いしてみるのも一つの方法です。
婚約指輪のお返しは必要?
女性からのお返しは絶対必要ではありませんが、結納など両家顔合わせがある場合には、そこで婚約指輪のお披露目があったりするのでやはり用意しておいた方が無難でしょう。腕時計やタイピン、スーツなどが一般的らしいです。カレへ気持ちも伝わりますし、良いことだと思います。
プロポーズの前に買うもの?
プロポーズの際に婚約指輪を渡したい、というロマンチックな男性もいるとは思いますが、自分の好きな指輪を買ってもらいたい、という女性なら、プロポーズの後、2人で買いに行くことをオススメします。むしろ最近は2人で買いに行く方も多いみたいですよ♪
いつまでに買えばいいの?
婚約指輪は、いつ買っても良いと思いますが、結納などがある場合は、それまでには用意しておきましょう。普通の指輪と違って、購入したらすぐ受け取れるというものではありませんし、気に入ったダイヤモンドを選び、気に入ったデザインを選んでサイズを調整してもらうので、購入してから2〜3週間はかかると思ってください。しかもこれは既製品の話なのです。オーダーやセミオーダーをする場合はもっとかかりますので、早めに確認しましょう。
婚約指輪と結婚指輪、同じお店で買うべき?
違うお店で選んで構わないと思います。婚約指輪は女性の好みに合わせて、結婚指輪は男性の好みに合わせて異なるショップで購入するという方は多いです。好みや予算に合わせて選んで下さい。反対に同じお店で購入すると、割引があったり、特典がついたりすることもあるそうですよ♪
値段の平均はどのくらい?
婚約指輪の相場は30〜40万円台と言われています。よく「給料の3か月分」とよくいいますが、それは間違いです。自分たちの経済状態に合わせて購入することが大事だと思います。
婚約中しか付けないものなの?
結婚後ももちろん付けられますよ。婚約指輪をつけないなんてなんてもったいない話です。結婚したら婚約指輪と結婚指輪を組み合わせて付ける人もいるのです。そのために組合せが可能なセットリングも様々な種類が出ています。
何号までサイズがあるの?
基本的に日本の婚約指輪には1号から27号までありますので、あまりサイズのことは気にしなくて良いと思います。また、お直しも可能ですので、指のサイズが気になる方も心配しなくて良いでしょう。ただ1つ考慮に入れておくべきは、お直しのできるデザインを選ぶということです。
ダイヤモンド以外でもOK?
ダイヤモンドは純粋無垢で透明感があることから花嫁にぴったり…ということで定番になっていますが、好きな宝石や誕生石を選んでも良いのです。思い出や好きな色などでセレクトし、個性を出した婚約指輪も魅力的ですね。

プラチナじゃなくちゃいけないの?

元々欧米では、婚約指輪はプラチナではなくゴールドの方がメジャーなのです。最近は日本でもホワイトゴールドやピンクゴールドの人気が出てきているそうですよ。肌映りのよさや輝きなど、自分のスタイルで選んで問題はないと思います。

出産祝いで悩んでいる方、なにがいいのか迷うこと、ありますよね。最初のお子さんには親も一生懸命アイテムをそろえるもので、意外と服やよだれかけなどは必要なかったりするんですね。そんな時に絶対外さない出産祝いが「おむつケーキ」です。おむつケーキはその名の通り、おむつをケーキのように積み上げた、見た目も楽しめる実用的なプレゼントです。これならかぶったとしてもオムツですから、必ず相手の役に立ってくれるはずです。

check

TBC
http://www.tbc.co.jp/