最終更新日:2014/10/15

結婚指輪の基礎知識「結婚指輪とは」

結婚指輪

結婚指輪とはマリッジリングともいいます。一般的に結婚指輪は結婚をした夫婦が「二人が一つになる象徴」として男性と女性がひとつずつはめる指輪の事で、日本ではお互い左手の薬指に付けています。左手の薬指には「聖なる誓い」という意味が込められているそうです。しかし、世界の国や宗教の違いなどで、右手の薬指にはめるパターンもあるみたいですよ。最近では指輪があまり好きではない方や、 仕事上指輪をはめられない方もいるそうなので、お揃いのペンダントや時計を付ける方も多いそうです。

日本での結婚指輪の歴史はまだ浅く、 欧米の文化が生活の中に入ってきてからが始まりで、実際につける人が増えたのは昭和40年頃からなのだそうです。基本的に結婚指輪には「サファイヤ」や「ブルーダイヤ」などの「青い宝石(サムシングブルー)」を埋め込む事が一般的で、「青い宝石=花嫁の純潔や清らかさ」を意味しています。また、青は「青い鳥」同様、「幸を呼ぶ色」と言われており、指輪の内側に入れたり、ブーケの中にさりげなく青い花を入れたりしますが、日本では「ダイアモンド」を入れる事が 多いそうです。主に、土台として使われているのはプラチナやゴールドなどの貴金属類が多いです。近年では、種類やデザインが増え、様々な結婚指輪が登場し、各有名ブランドからもブライダルラインがファッションリングとは別で発表されています。

結婚指輪のデザインは?

結婚指輪は外見から見た特徴を具体的に言う事は非常に難しく、デザインを見ても決まりらしいものはあまりありません。第三者から見たとき、指輪をはめる場所からその指輪が結婚指輪なのかどうかを判断する事は可能だと思いますが、指にはめられていないリングだけを見て、それが結婚指輪なのかどうかを判別するのはかなり難しいことだと思います。結婚指輪の情報収集やリサーチをする場合、女性で多いのは結婚情報誌などの雑誌、男性ではインターネットを使って調べている方が多く、やはり先に結婚指輪に興味を持つのは女性のようです。彼女が雑誌の写真から指輪をピックアップして、彼氏がそれを扱うショップのHPを検索し、より詳しいデータをリサーチするといった流れで情報収集をしている方が多いそうです。

そして、決定までに見て回るショップの件数は平均して3軒ほどなのだそう。しかし、意外にも「1軒で決めた」というカップルは多いそうです。雑誌やネットで一目惚れしたリングを実際に着けてみて、ピッタリはまったから…という事も結構あるみたいですね〜。

しかし、逆のパターンもあるようで、何件回ってもしっくり来るものが見あたらず、出費はかさむけど、オーダーメイドでイメージ通りのものを作り上げる…という方もたくさんいるそうです。どちらにしても、一生に一度の贈り物の結婚指輪なのです。十分な知識を身につけて納得いくものを選んでください。

婚約指輪と何が違うの?

婚約の証として男性から女性に贈られるのが婚約指輪で、男女2人がつけるものを結婚指輪と言います。結婚指輪は普段身に付けるため、シンプルでどんな場面にも合わせやすいものを選ぶことが多いそうです。

誰が買うの?

お互いの結婚指輪をお互いで購入するというカップルが多いそうです。支払い時に別会計にしたり、あとで割ったりするワリカン派もいるようですよ☆
また、2人の口座を既に作っていれば、そこから出すということも良いと思います。特に決まりはないので、2人のスタイルで決めてください。

由来を教えて!

婚約指輪・結婚指輪の始まりは、古代ギリシャ・ローマ時代と言われています。その継ぎ目のない「輪」が永遠の愛を象徴しているということです。日本には戦後習慣が伝わりました。婚約指輪は結納品の1つ、または婚約の証として、結婚指輪は2人の永遠の愛を誓った証です。

いつまでに買えばいいの?

目安としては、遅くとも結婚式の3ヶ月くらい前からは2人で探し出し、1ヶ月前までには購入した方が良いでしょう。内側に彫る刻印やサイズ合わせなどで、購入からほぼ3週間くらいはかかってしまいます。また、手の大きな男性はサイズがない場合があるので、早めにサイズの確認をしてください。

婚約指輪と結婚指輪、一ヶ所で買うの?

別々のお店でも大丈夫です。婚約指輪はここのブランド、結婚指輪はカレの好みもあるので他のショップで、ということはありますので、こだわりや予算に合わせて自由に選ぶことが大切です。ただし、同じお店で購入すれば、割引などの特典があったりします。

みんなはいくら位の指輪を買ってるの?

2人分で20〜25万円、という人が多いそうです。プラスマイナス5万円くらいが相場ではないでしょうか??オーダーだともう少し高くなりますね。最近では男性の結婚指輪への意識が高まり、年々金額が上がっているというデータもあります。

実はサイズが心配。合うサイズはあるの?

基本的に日本の婚約指輪には1号から27号までありますので、あまりサイズのことは気にしなくて良いと思います。また、お直しも可能ですので、指のサイズが気になる方も心配しなくて良いでしょう。ただ1つ考慮に入れておくべきは、お直しのできるデザインを選ぶということです。

どうしてプラチナなの?

プラチナは、長期間の使用にも耐える硬度の高い金属のため、普段つける結婚指輪の素材としては最適だと言えると思います。また、プラチナは、純粋性、希少性を持ち、永遠の象徴とも言われているからだと思います。

プラチナ以外でもいいの?

日本では「結婚指輪=プラチナ」というイメージが強いですが、実は欧米ではゴールドの方がメジャーなのです。最近は日本でもホワイトゴールドや、ピンクゴールドを選ぶ人も多くなっているようですので、自分たちの好みに合わせて選んでください。